読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクロメガリーとのお付き合い

アクロメガリー(先端巨大症)と診断された40男のブログ。病気とのお付き合いや日常生活をリアルタイムで発信します。

入院生活7日目 160330

 今日も朝6時から検査がスタート。

まずはアクロメガリーの治療薬の一つである、サンドスタチンという薬の効きを調べる検査です。

 

一度採血を行ってからサンドスタチンを注射します。

皮下注射なので痛いと思っていたんですが、痛みはそれほどありませんでした。

サンドスタチンは副作用として吐き気や下痢が出るらしいのですが、私の場合は投与後30分くらいで胃のむかつきが出てきましたが、大きな副作用は出ませんでした。

午前中に甲状腺のエコーを撮ったあと、11時半前に眼科に呼ばれました。

採血15分前にはベッド上で安静にしていなければならなかったんですが、受付してもらった後も全く呼ばれず。

こっちから無理やりお願いして結果を教えてもらったんですが、12時までには病棟に戻ってくるよう言われていたので、正味5分くらい話を聞いただけで終了となりました。

まぁ、タイトなスケジュールになることはわかっていたんですが、もう少し連携していただきたいですな…

検査の結果、視野については異常なし。

ただし、視神経が部分的に麻痺している可能性が高い。

これが腫瘍による影響なのかどうかはわからないとのことでした。

うーん、スッキリしないね。

 

12時の採血を済まして、即昼食。

入院生活で初めてパンが出てきました。

f:id:sgamakun:20160330153001j:plain

給食のパンとは厚さが全然違い、かなりワクワクしたんですが、食べている途中に皮膚科に呼ばれ、慌てて詰め込んだので味はほとんど覚えていません(笑)

で、皮膚科です。 両肩にある脂肪腫と背中の色素沈着、目の下にある巨大化したほくろについて診てもらいました。

結果、すべて異常なし。ほくろはすぐにとってもらいました。

結構な勢いで大きくなっており心配でしたが、一安心でした。

 

夕方、友人がお見舞いに来てくれました。f:id:sgamakun:20160330173405j:plain

差し入れは本。ホンダスピリッツを注入して、明日の検査に臨みます。

 

さて、明日はいよいよ胃カメラ&大腸カメラのダブルヘッダーです。

私、両方とも初体験です。

痛くなければいいなぁ・・・

 オマケに腹部エコーと脳神経外科受診も入ってます。

タイトなスケジュールだ・・・

 

今日の体重 81.5キログラム

今日の検査 サンドスタチン負荷試験(朝:採血、サンドスタチン皮下注射 注射後2時間おきに採血)、皮膚科受診、眼科受診(検査結果)甲状腺エコー、尿量測定(継続)

 


人気ブログランキングへ