読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクロメガリーとのお付き合い

アクロメガリー(先端巨大症)と診断された40男のブログ。病気とのお付き合いや日常生活をリアルタイムで発信します。

入院生活13日目(最終日) 160405

アクロメガリー 入院中のこと

今日は今回の検査入院最終日でした。

本来なら、退院の準備なんかをゆっくりやって10時までに退院という予定でしたが、退院当日も朝から検査が入ってました。

DDAVP負荷試験というもので、クッシング症候群を判定する検査だそうです。

 

クッシング症候群は、コルチゾールというホルモンがドバドバ出ることで起こる病気です。

2回行ったデキサメサゾン負荷試験の結果、コルチゾールがコントロールされていないことがわかったため、この検査を行い、クッシング症候群のあるなしを調べる必要がでてきたらしいです。

なんだかなぁ・・・

 

起床から絶飲食で8時半からは安静に。

9時に主治医が採血をしに来ました。

ここからは15分後、30分後、60分後、90分後、120分後と、合計5回の採血を行いましたが、ずっと寝たままでいなければなりませんでした。

退院の準備は、10時過ぎに来てくれた家族がやってくれました。

結果は次回の外来のときに教えてもらうことになり、検査終了後にサンドスタチンを注射して退院となりました。

 

退院後はその足で職場へ。

教育関係の仕事をしているので、明日が新学期のスタートなのです。

春休み全休してしまったので、大急ぎで準備をしてました。

明日からは日常生活が始まります。

頑張ります。

 

今日の体重 79.3キログラム(朝)

今日の検査 尿量測定(継続)

      DDAVP負荷試験(採血)        

     ※サンドスタチン1mg注射

 


人気ブログランキングへ