読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクロメガリーとのお付き合い

アクロメガリー(先端巨大症)と診断された40男のブログ。病気とのお付き合いや日常生活をリアルタイムで発信します。

病気と宗教

結論から先に書きます。

「病気が治る宗教など存在しない。にもかかわらず、『○○様を信じれば病気が治る』とか『このお守り(お札、数珠などなど)を身に着ければ病気が治る』とか言っている宗教団体はすべて嘘っぱち、極論すればカルト宗教です。」

アクロメガリーと直接関係ないかもしれませんが、かなりいやな思いをしたので書いておきます。

 入院することが決まっていた3月上旬。

「神通力によって病や苦しみから救われ奇跡が起こる」と主張している某新興宗教団体にどっぷり浸かっている方から「会いたい」という話がありました。

99%その手の話だと分かっていたので、「会うのは構わないけど、宗教の話はやめてください。もちろん、お守りの類もいらないので持ってこないでください。」と念を押したんですが・・・

やっぱり持ってきやがりました。

それも、帰り際に別の封筒に入れたお守りやらパンフレットやらを置いていくという姑息な方法で。

この方に電話で抗議をしたんですが

「あなたのためを思ってしたことなので許してほしい。」

「○○様とつながれば、絶対に病気は治るから。」

「信じる信じないは別にして、お守りを身に着けてほしい。」などの発言に終始し、全く埒が明きませんでした。

 

いや、あのさぁ。

神通力で腫瘍が小さくなったり、病気が治ったりするんだったら、その素晴らしいお力を衆人環視の下でどんどん見せてくださいよ。

で、それを公表しましょうよ。

「こんな症状の患者さんにこういう波動?(神通力?祈り?)を○日間与えたら、症状がこのように変化しました。」みたいに。

 

そもそも、この人にしたって私と何年も顔を合わせてきていて、病気に気づかなかったんだからねぇ。

その時点でこの人とつながっている○○様の神通力なんてのも、たかが知れてるわけですよ。

こういうことを書くと、信者の方から「あなたは○○様とつながっていないから、まだ助けてもらえないんです。」とか言われそうな気がします。

ただ、もしそうであるならば、その○○様とやらはずいぶんと差別的な神か、その程度の力しかない神であり、どちらにしても信じるに足りないんじゃないかと思うのです。

いや、いいんですよ。本人がそれで救いを感じることができれば。

 

ただ、いらないと言っている人間にそれを勧めるのはやめていただきたい。

そう思うのです。

 


人気ブログランキングへ