読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクロメガリーとのお付き合い

アクロメガリー(先端巨大症)と診断された40男のブログ。病気とのお付き合いや日常生活をリアルタイムで発信します。

床屋に行って気づいたこと 161126

アクロメガリー 日常生活

今日、部活帰りの息子と一緒に髪を切ってきました。

手術後しばらく髪が洗えないということがわかっていたので、6月末に髪を短くしたんですが、退院後さらに短くしました。
おそらく、1年以上顔を合わせていない人には自分を認識してもらえないくらいバッサリです。
なぜかと言いますと、退院後抜け毛がひどくなったから。

sgamakun.hatenablog.com

この頃は手櫛で髪を梳いただけで髪の毛がごっそりと抜けてました。
しかも、細かったり毛根がなかったり・・・
これはまずいと思い、薄毛が目立たないように思い切り短くしたわけです。

原因は成長ホルモンの分泌の低下。
手術前は通常の30倍近く出ていた成長ホルモンが一気に1/30近くまで下がりましたからね。
では今はどうなのかと言うと、抜け毛はほとんどなくなりました。
嬉しい限りなんですが、なぜ抜け毛が減ったのか仮説を立ててみました。
仮説1 成長ホルモンの急激な減少に体が慣れてきた。
仮説2 成長ホルモンが再び増加したので、抜け毛が減った。

仮説1はともかく、仮説2が正解だとしたらそれは喜ばしくありません。
成長ホルモンの増加は、アクロメガリー寛解とは程遠い状態であることを意味するからです。
その辺りも29日にわかってくるんじゃないかと思います。

 

【おまけの一言はこちらから!】

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ