読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクロメガリーとのお付き合い

アクロメガリー(先端巨大症)と診断された40男のブログ。病気とのお付き合いや日常生活をリアルタイムで発信します。

外来受診記録 160601

約3週間ぶりの外来です。
今月は今日を含めて3回外来にかかります。
まず午前9時から内科の外来でした。

 前回の血液検査で結果が出ていなかったIGF-Ⅰ(ソマトメジンC)の結果報告。

サンドスタチン筋注を始めて1ヶ月で成長ホルモンの数値が劇的に下がっていたんですが、IGF-Ⅰにもかなり効果があったようです。

hGH(成長ホルモン)

3/25:30.57→4/13:32.475/11:2.24

IGF-I(ソマトメジン)

3/25:8494/13:3815/11:218

なんと、基準値内に入ってきました。ホッと一安心。
腫瘍が小さくなっているかどうかはMRIを撮らないと判らないんですが、腫瘍にも効いているといいなぁ。

午前11時から眼科で検査。
今回のメインは視野検査と眼球運動の検査。
視野検査って疲れます。
針の先くらいの太さの光が視界に入ったらボタンを押して知らせるというものですが、とにかく集中していないと見失ってしまうレベル。
終わった後はもうぐったりでした(笑)
検査結果ですが、視野は異常なし。
しかし、眼球運動は前回同様異常ありだそうです。
顔を正面に固定してものを見ようとすると、二重に見えることがわかりました。
普段は無意識のうちに顔を傾けて修正しているので、日常に支障がなかったらしいです。
前回の話では、視神経のトラブルは下垂体の腫瘍とは関係なさそうということでしたが、どうなんでしょうね。
全部一気に治ってくれるといいんだけどなぁ。

支払いを終えて病院を出たのが午後2時。
自宅に着いたのが午後3時。
そのあと学校に出勤し、いない間にやらせていたテストの○付け。
ははは、疲れました。

 

今日の検査内容 採血結果の確認、サンドスタチン投与量の検討(内科)

        眼圧&視力検査、視野検査、眼球運動検査(眼科)

                  

今日の会計 2270円

 


人気ブログランキングへ